施術を受けることによりその効果にはいろいろなものがあります。
以下にその例を一覧表にしてみます。

不調を感じていたこと 施術後に改善を感じたこと
腸の活動が鈍い。 消化器系が活発になり排泄回数が多くなる。
いつも特に脚が浮腫んでいて身体が重く感じる。 むくみが取れて脚がスッキリし、身体全体が軽くなる。
ちょっとしたきっかけで頭痛が始まり一晩寝ないと治らない。 偏頭痛の回数が減る。起きても自分で治せるようになった。
眠っているのに起きた時にも疲れを感じる。 目覚めがすっきりする。
肌が常に乾燥している感じで粉が吹いたようになる時があった。 肌の状態が良くなる。
なんとなく調子が悪いがそれがどこから来て何をすれば良いのか分からない。 身体の状態に目が向くようになり早めに対応が出来るようになる。

これらが施術を経験するようになって身体に現れた変化です。
自身がセラピストの勉強をしていた時は毎週授業で相モデルとなり施術されていた為にその効果は如実に現れました。

効果にも、お腹がグルグルと動き出すような直ぐに変化が現れるようなものから、何度か受けていく内に「アレ何だか今までと違う」と気付くものなどがあります。
その中でも私の場合は特に仕事にも支障をきたしていた偏頭痛に関して回数が減ったことに加え、頭痛が起きても自分で施術して(思うようには指は入れられませんが、、)早めに解消できるようになりました。

毎週何度も施術を受けるということはなかなか出来ることではありませんが、
初めのうちは週一くらいから始め、この時期に身体に施術に対する反応を記憶させ、その記憶を長持ちさせて施術を受ける間隔を週一から二週に一度、一月に一度、三ヶ月に一度、半年に一度と徐々に間隔を広げていくと、次に施術を受けた時にも身体が反応するようになっていきます。

このようにして何かあった時に治療代わりに施術に行くという捉え方でなく、疲れや凝り不調を溜め込まないように早めに対処して、日々なんとなく感じていた不調から少しでも開放され快適に過ごせる時間を増やすことを施術の一番の目的と考えていただくと良いと思います。