プロフィール

千葉県八千代市でセラピスト活動をしたいと考えていますmichikoです。

自分自身が子供の頃から長年「むくみ」症状を抱えていて、常々次のような不快感・不調を感じていました。
・「
太っている方だけど、この足の太さはそれだけではないのでは⁉」
・「脚を指で押した時に、こんなに跡が残るのはおかしくない?」

・「脚を前に投げ出した状態で、重ねた上の脚の跡がボッコリと残ってしまう。」
・「なんとなくすっきりしない」
・「身体が、特に下半身が重い」
この症状はたまにあるのではなく、ほとんど毎日で、ほんのたまにスッキリする日があるという状態でした。

今でこそ注視されるようになってきましたが、25年位(?)前は医師に訴えても病気(例えば腎臓病など)でもなければ気に留めてもらえないのような状況でした。小学生位の頃に「この子は腎臓の気があるから塩分は控え目にした方が良いでしょう。」と言われたことがあるらしいですが、その後発症することもなく成長でしました。
10年位前には、「甲状腺に問題(遺伝もあるらしい)があってもむくみが出ることがあるらしいから調べてみたら」と母に言われ、検査をしましたがそちらの病気はなく、その医院で処方された排尿を促進する薬を飲みましたが、特にむくみの症状改善を感じることはできませんでした。元々排尿に関しては少ないということはありませんでした。

何かないものかと探っていくなかで、リンパマッサージというものがあることを知り、後にむくみに必要なものはリンパドレナージュというものであることが分かりました。

しかしその施術をするところは当時数が少なくなかなか見つからず、費用も安いものではありませんでした。

ならば自分で何か出来ることはないかと考えたり。。
そんなことを考えている内に、日本にもリンパドレナージュを教えるスクールがあることを知り、自分が施術できるようになりたいと思うようになり、スクールの門を叩くに至りました。

そこで勉強したことが、スウェディッシュマッサージ/リフレ / リンパドレナージュ / クリニカル・スイナの施術です。
ただ、これらの施術を学び、それを自身にすることができない訳ではないのですが、やはり施術してもらう感覚とは全く違い、自身の身体に反映させるのは難しいところです。

それでも勉強していく中の生理解剖学で、身体の構造や機能を学び、症状から自身の状態を考えることが出来るようになったり、身体に触れることが常態化していたので病気を早期発見することが出来たり、理論が分かっているので体調や怪我の回復を順調にすることが出来たりと、メリットも大いにあります。

私が学んだスクールでは「自身の身体の声に耳を傾ける」ことが大切であることをクライアントの方にお伝えしています。
日々の身体の変化に目を向けることにより、早めの対策が出来ます。
日々のメンテナンスにより状態を重症化させずに、医療費も時間も無駄にしないように出来れば嬉しいです。

《取得資格》
*ITEC認定ホリスティックマッサージ国際ディプロマ取得
*ITEC認定アナトミー&フィジオロジー(生理解剖学)取得
*ITEC認定リフレクソロジー国際ディプロマ取得
*IEB・BSR認定リフレクソロジーディプロマ取得
*ITEC認定リンパドレナージュ国際ディプロマ取得
クリニカル推拿取得
(ITECとは、英国の文部省・労働省が認定する国際ライセンス期間です)
(IEBとは、専門家認定を行う為に設立された、英国の補足医療試験機関です)
(BSRとは、IEBの基準をクリアして認定された国際スクールで、リフレクソロジストのプロ養成学校です)

ただ医師ではありませんので、病気の診断や治療・処方などの医療行為を行うものではありません。