むくみ, リンパ, 体内循環, 消化, 睡眠, 身体

むくみと消化

Pocket

自身でむくみを感じる時に、消化がスムーズに行われていない時があります。

それは食べ過ぎた時、水分を取り過ぎた時、睡眠不足の時で、

食べ過ぎた時は腸を中心に消化がスムーズに進まず体内循環が停滞したように感じ、

水分を取り過ぎた時には水分の排泄は充分に行われているのに、余剰水分の回収が行われていないようで、

頭の中までむくんでいるように感じる事があります。

睡眠不足の時も、朝起きた時から身体のあちらこちらにむくみの症状が現れます。

これは寝ている時は脚が横になっているからということではなく、

実際にひどい時は起きた時から脚がむくんでいて、押すと凹むことがよくありました。

この状態と逆の時、つまり適度な水分摂取量・適度な、或いは少なめの食事量・充分な睡眠を取った時は、

身体のむくみ症状が取れていて、スッキリと一日を始めることができます。

むくみ対策には、自分にとっての規則正しい生活、身体が喜ぶ生活習慣を見つけることが大事なのだと感じます。

 

下半身のむくみ時によく感じるのは、太腿付け根周辺や膝の裏の、なんとなくもったりとした重さです。

今考えると、それは鼠蹊部や膝下のリンパ節の詰まりだったかと思います。

実際にむくみが少ない時に歩く時の太腿付け根に感じる感覚は、太った時と痩せた時くらいの違いがあります。

「むくんじゃって。。」という人をからかう言葉に、「むくんでいるんじゃなくて太っているんでしょ〜。」

という話がありますが、実際にむくみを軽減したことによって、痩せたと思われることがあります。

 

体質や生活習慣によるもの、心臓等の疾患からくるものなどむくみの原因は色々ですが、

むくみの解消は快適生活の為の種の一つになります。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です